沿革

沿革の概要

昭和41年4月山口大学教育学部附属幼稚園として山口大学教育学部附属山口小学校の校舎一部を改築して2年保育4歳児1学級(定員35名)で開園する
初代園長 安田正夫(併任附属山口小学校長)
昭和42年4月山口大学教育学部附属山口小学校の校舎一部を改築して1学級増、2年保育5歳児・4歳児2学級(定員70名)となる
昭和45年1月附属山口小・附幼新築のため、附小敷地内のプレハブ園舎で保育する
昭和47年5月園舎竣工、移転する
 11月附属幼稚園・附属山口小学校落成記念式典を挙行する
昭和49年4月第2代園長 吉元 勇(併任附属山口小学校長)
 5月3歳児学級(16名)を開設、3学級となる
昭和50年5月増築工事竣工(2学級増、教官室拡張)
昭和51年4月4歳児・5歳児学級を増設、5学級となる
昭和52年4月校内放送設備工事完了
 10月教育学部幼稚園教員養成課程の学生の教育実習を始める(4週間)
昭和54年5月第3代園長 村瀬聿男
昭和60年5月第4代園長 川口政宏
昭和60~61年 3・4歳保育室前・中庭ならびに玄関前に移動式テントを設置する
昭和62年3月園歌、園章を制定する
昭和63年3月遊戯室を拡張し、プールを新設する
 11月ログ・モニュメントを設置する
平成元年4月制服をズボン・スカートだけとする
背負いカバン制定
平成2年3月園章(バッチ)完成、下水道工事完了、裏庭にミニアスレチックをつくる
 4月第5代園長 藤土圭三
 7月川を造る
平成5年4月第6代園長 秋山 泉
平成7年8月創立30周年モニュメントを設置する
 11月創立30周年記念行事を行う
平成8年3月コンピューターネットワーク設備を設置する
平成9年4月第7代園長 野波健彦
 4月養護教諭定員化となる、保健室を設置する
平成10年4月附属学校事務が一元化される
平成11年9月老朽化により、ログ・モニュメントを撤去する
 11月釜山大学付設保育園との交流が始まる
平成12年8月遊戯室舞台完成
 10月玄関ホール、図書コーナー整備
平成13年4月第8代園長 友定啓子
 9月園舎改修 外壁塗装
平成14年2月遊びと冒険の森完成
平成16年1月玄関自動ドア設置、監視カメラ設置
 8月玄関前スペース整備、風組テラス拡張
平成17年3月花組前デッキ設置
 4月第9代園長 山本善積
平成18年8月防犯ビデオ一機増設
平成19年8月耐震補強工事
平成20年4月第10代園長 河野令二
平成23年4月第11代園長 白石敏行
 9月幼小連携通路完成
 10月工学部感性デザイン研究室と共同研究による『わくわく砦』完成
『くもの巣ネット』設置
平成24年8月庭園アプローチ整備
  可動式テント全面改修
平成26年3月チャレンジアスレチック完成
 4月第12代園長 村上清文
星組前テラス拡張
平成28年1月職員室改修
 6月創立50周年行事を行う
創立50周年記念フォトモザイク制作と設置
平成29年4月第13代園長 松岡勝彦