園長挨拶

森の幼稚園へようこそ

松岡 勝彦園長先生からのメッセージです。

山口大学教育学部附属幼稚園は、「やさしく かしこく たくましく」を教育目標として、友達と心を通わせて遊び、いろいろなことに興味をもって考え、伸び伸びと元気に生活する子どもを育てます。
その中では、次の三つのことを大切にしています。第一に、好きな遊びを中心に、自然体験や日本の伝統文化などの豊富な直接的体験を通して、遊びから学びへ繋げ、生きる力の基礎を育てること。第二に、附属小・中学校との教育連携を含めて、クラスを超えた異年齢の子どもたちとの自然なかかわりを大切にしながら、いろいろなことや身近な人に主体的にかかわっていく経験を積み重ねること。最後に、保育者と保護者の皆さんとで子どもたちの育ちの共通理解を図りつつ、チームワークを大切にして、一人ひとりの子どもにとって適切な援助をしていくことです。本園の保育者は、これらのことを大切に子どもたちと“もの”や“こと”を一緒に味わいながら、人格形成にとって重要な幼児期における子どもたちの心や感覚や体の成長を促しています。
また、これらの過程で行う多くの試みから得られる研究成果や教育実践の改善を教員養成における教育実習指導に役立てるとともに、広く地域に公開して地域の幼児教育の発展に貢献しています。


拡大

拡大

拡大